国道沿いの密着48時間派出所物語

誰もが知る国道沿いの派出所のドキュメンタリーです。

Page 2 of 3

就寝時の喉ケアは、マスクがおすすめ

冬の季節は乾燥して、就寝時に喉が痛くなることがあります。
知らぬ間に口を開けて寝てしまっているようです。
自分では全く気が付かないのですが、いびきをかくこともよくあるようで、喉には過酷な環境を作ってしまっています。
朝起きると口がカラカラになっていることもあり、身体にとっては大変マズイと感じていました。
寝室は狭いため暖房器具などは置いておらず、エアコンもありません。
加湿器は湿気が気になるため、今後も置く予定はないのです。
そんな寝室であるため冬はかなり冷えますが、暖を取るために考えたのが電気毛布です。
これがあると、寝る前に温めておけばヌクヌクの状態で布団に入れます。
寒い冬に布団が温かいことほど、幸せを感じる瞬間はありませんね。
しかし、この電気毛布のつけっぱなしは身体に良くないということで、喉にも影響があるようです。
何か喉を守る対策はないかと思案していたとこと、マスクの着用が良いとの記事を見つけました。
寝る時にマスクをするのは息苦しい気がしましたが、試してみたら全然問題ありませんでした。
紙のマスクはもったいないので、少し懐かしいガーゼのマスクを購入してみました。
100円ショップで2枚入ったもので、かなり小さいサイズですが、毎日洗えて経済的かつ清潔に使えます。
小さいサイズなので鼻には当てず、口だけを覆います。
この方法であれば鼻で息も楽にでき、一石二鳥です。
喉の渇きも感じなくなり、大変満足しています。

森林浴のリフレッシュ効果を消臭に活かしたサプリメントがあることを知っていますか?消臭スプレーでは改善されなかった体臭にお悩みの方はチェックしてみてくださいね。
フィトンチッド サプリ

「宇宙飛行士のサンバ」で一日を始める

新しい朝を気持ちよく始めるための儀式は人それぞれ。
熱いシャワーを浴びる、熱い珈琲を飲む、気合いを入れてメイクする等々、みんなそれぞれの方法で、朝を始めているのではないでしょうか。
私の場合はいたって普通ですが、気持ちがアガる曲を聴くことですね。
朝一番に、そして移動中も大音量でよく聴きます。
私の朝の一曲は、バーデン・パウエルの「宇宙飛行士のサンバ」です。
メロディがとにかく美しい。
そしてアップテンポで爽やかな風のように軽いのに、なぜか腹にガツンと響き、一気に気分がアガります。
大好きです。
雨の日も、ふさぎ込んでいる朝も、たいていはこれを聞けば、気持ちをリセットできます。
この曲を知ったのは、大好きな女優さんがブログで、やっぱり朝イチでかけたい曲として紹介していたからです。
影響を受けやすい私はさっそくまねっこしたわけですが、今ではなくてならない私の朝の儀式です。
たまに浮気して他の曲も聴くけれど、やっぱり朝はこの曲で始めるのが一番です。
TRISTEZA ON GUITERに収録されているソロ・ギター・バージョンをいつも聴いていましたが、今朝は動画で歌っているバージョンも視聴しました。
ポルトガル語の歌詞の意味はわからないけれど、歌が入ったバージョンもしっとりとして素敵。
健康のために朝一杯の梅湯を飲みながら、宇宙飛行士のサンバを聴く…。
文化的にはちぐはぐでも、私にとっては最高の組み合わせ!。

美味しい鶏屋さん

こんにちは、40代女性です。
よろしくお願いいたします。
我が家のご近所には美味しい鶏屋さんがいっぱいあります。
どこともほんとに新鮮な鶏を提供してくれます。
生の肝や砂ずりの刺身やたたきなどほんとに新鮮で美味です。
親鳥が何とも言えず美味しいです。
親鳥を自分で網で焼いてもいいのですが、店主に焼いてもらうと絶妙の焼き加減。
ジューシーな親鳥を美味しい塩と特性たれどちらでも食べれるようにしてもらいます。
ほんとにプロならではの焼き加減は最高です。
それから冬はお鍋をしてくれます。
とりだしが最高です。
とりだしは良質の脂が浮いて甘いです。
お野菜も豆腐も全部そのお鍋に入るといい出汁を吸ってうまみが最高になります。
鶏つくねもいつも作ってくださいます。
あのジューシーなつくねは特性梅だれでいただきます。
何とも言えないさっぱり感です。
たれでも絶対美味しいのですが、梅肉のたれは絶妙です。
生ビールを飲みながら、気の合う仲間で美味しい鶏をいただきに行きます。
ワイワイ楽しい会話で笑いが絶えない時間はあっという間に過ぎてしまいます。
やはり店主の人柄も最高なので、お酒も進みますし、楽しい時間を過ごすことができます。
また、近々美味しい鶏を食べに行きたくなりました。

髪に良くないこと

髪にとって良くないとされているのは乾燥することである。なぜなら髪は乾燥を
することによって痛み傷ついやすいからである。しかし、この原因ははっきりと
わかっているのだ。それは髪をコーティングしているキューティクルが開いて
しまうことによって中の成分が溶け出してしまうからである。だから髪にとって
乾燥というのは決していいこととは言えないだろう。この乾燥から髪を守るためには
いくつかの方法があるのだが、まずは乾燥の原因と思われるものを取り除くことが
先決であろう。中でもドライヤーの熱というのは髪にとっては脅威とも言える。
冬場などは寒いのでいつもより長めにドライヤーをしている人も多いかもしれないが
この長めのドライヤーこそが髪を痛めつけているのである。しかし、乾かしていない
髪というのは湿度の高い状態なのでそのままにしておくと雑菌などが繁殖をしやすい
環境になってしまうのである。なので人はドライヤーで髪を乾かす前にタオルなど
を使って水分をしっかりと落としているのではないだろうか?
賢い人間というのはそれが最善の方法だと気づいているのである。
ピュアメイジング 楽天

忘年会シーズンがやってきた

今年もとうとう忘年会シーズンがやってきましたね。
といっても会社勤めではないので忘年会は自分にとって
あまり関係ないことなのですが飲食店で働いていると
この時期はまさに繁忙期といった感じでとても忙しくなります。
その目線から見ていると幹事の人って大変そうにみえますよね。
普通の会社であれば入ったばかりの新入社員の人がその立場に
つくことが多いと思いますがそうではないこともありますね。
結構中堅社員っぽい人がやっている時とか。
そんな時に起こりがちなのが幹事の人がおいしい思いをするパターンです。
例えば飲食店で忘年会の予約をしたりすると幹事が無料になったり
ポイントをもらえたりするのでそういったお小遣い目的で
幹事を引き受けるという人もいるのではないでしょうか。
まあそのためにわざわざ幹事をやるのもどうかと思いますが。

「LIFE!三ヵ月点検スペシャル」の感想

先日、NHK総合で「LIFE!~人生に捧げるコント~」を見ました。
毎週楽しみにしてます。
ちなみにその日のテーマは3カ月点検スペシャルでした。
視聴者やスタッフの間で怒鳴るキャラが不評だったりと、コントの裏側も知ることができてとても興味深かったです。
以前好きだったコント「母を訪ねて三千里」のハレデオの着ぐるみがまさかリニューアルされて、「新おねえさん」のコントのノソノソになっていたとは思いませんでした。
ハレデオのコント好きだったので、ちょっと残念な気持ちになりましたが、ノソノソもとても面白いので、今後も息の長いコントを期待してます。
あとお蔵入りになっていた「マスミさん」というコントも今回初めて放送されましたが、顔が見えないほどマフラーを巻いてるキャラクターがツボに入りました。
それから今回初めてムロさんの髪の毛が短くなってることがわかりました。
どうやら映画でそういう髪型の役を演じられるとかで。
「実は・・・」というコントもよかったですね。
狼男になるというコントなんですが、そちらよりもバツイチだったとかフェレットで子供8人いるとかそっちの台詞の方が笑えました。
そして大好きなキャラクター三津谷さんが久々に出ました。
「妖怪どうしたろうかしゃん」は星野さんのキスシーン(未遂)がアドリブだったり、塚地さんに台本にない台詞(かなりひどい言葉)を浴びせた石橋さんの話など、いろんな裏側の話が聞けて今回はすごく楽しかったです。
「カッツアイ」と「やさしい格闘技」のコントもとてもよかったです。

コラーゲンは大事です

恋をすれば綺麗になれるのだろうけど…きっと好きな人のためには努力もするだろうしね…でも40代ともなると、そういう訳にはいきません。
まぁ、素敵なイケメン俳優さんと妄想するのが一杯一杯かな。
そうなると、綺麗になる秘訣は何だろう?と思っていたら、目についたのがある雑誌でした。
それには、愛や恋よりもコラーゲンが大事という事。
恋愛よりも安定して、裏切る事はなく長期間綺麗でいられるようにしてくれる存在だそうです。
それじゃあ、摂らなきゃ損ですよね。
ちなみに、コラーゲンってタンパク質の一種で、体内のタンパク質の30%がコラーゲンなんですって。
それだけで、重要な物だって思いますよね。
ただし、このコラーゲンの再生や修復する機能は20歳頃がピークで、その後は下降線をたどるそうです。
紫外線や活性酸素によるダメージも受けやすい。
となると、自分で補ってあげないとダメですよね。
化粧品やドリンクなどで、コラーゲンを取り入れて、若さをキープしましょう。

トンカツの揚げ方はOKですが、、。

テレビで放映されていた、トンカツを簡単に揚げる時短レシピを見ましたが、自分の家で作ってなんと失敗してしまいました。
失敗したのは、トンカツと一緒に揚げたハムカツで、ハムカツを揚げた時に衣が外れて大事になったのです。
トンカツには、マヨネーズを衣の接着に使うことで、肉と衣を剥がれないようにしていたのです。
トンカツの時には豚肉にマヨネーズが密着するので、衣が剥がれないのですが、ハムカツの時には衣が全くくっつかない状況になってしまい、油が跳ねてスゴイ状況になりました。
マヨネーズは衣がしっかりとくっつくように、豚肉には良いそうです。
ハムの場合には厚みがなく、マヨネーズの役割を果たせていなかったようですね。
料理の節約や時短番組が多くなりましたが、実際に成功するまでの時間がかかっていることが、自分の失敗を通じて実感出来ましたね。
玉子とマヨネーズが似ているからと言って、出来ないこともたくさんあると言うことをしっかりと認識して行かないといけないということですね。
自分で編み出した料理方法も、テレビ的には大した方法ではないので紹介するほどのこともありません。
テレビで紹介される情報の便利さには、本当に助けられていますね。

親不知で大手術?

夜中に奥歯が痛くなり、どうにも辛くて仕方がなくて、翌日主人の知り合いの歯医者さんに朝一番で診てもらうことになりました。
レントゲンをとってみると、親不知だということで早速抜くことに。
麻酔をかけ、いざ始めてみるとうんともすんとも抜けず、開きっぱなしで顎は痛くなるし、口を大きく開かせようと医師が強く引っ張るしで痛くて痛くて、最後には泣けてきて、「お願いですから、今日はこれで終わりにしてください。」とお願いするほどでした。
時計を見ると一時間以上の時間が経っていました。
家に帰って口の中を見てみようと鏡を見ると唇の端が裂け、悲惨な顔に。
翌日、気も重く診察台に座ると医師が、「この親不知ですが、根元が手前の歯の下にもぐり込んでいるみたいで、昨日はあんなに時間がかかってすいませんでした。」と言われました。
レントゲンを撮った時点でわかっていたでしょうが、医師もきっとこれほどとは思っていなかったのでしょう。
その日も一時間程かかりましたが、どうにか抜くことができました。
親不知はやっかいだとは聞いていましたが、これほどまでとは思いませんでした。
あまりの大変さにいまでも私はこの時の抜歯を、一人勝手に手術だったと思っています。
(もう絶対あんな辛い思いはしたくない。)と思っていたところ、先日また親不知を抜き、これですべての親不知を抜きほっとしています。

1年前に引っ越しをした時

3月は引越しのシーズンです。 私も1年前に引越しをしました。 引越しは急に決まったので、バタバタしていましたが、あっという間に終わってしまったような感じでした。 幸い、引越し業者に引っ越し日を伝えると、最初の希望日ですんなりと予約が取れました。 3月の上旬だったのが良かったのかもしれません。 3月の下旬になってくると、引越しをする人が一気に増えるようです。 その一番忙しい時期を外して、早めに引越しができたことは、ラッキーだったと思っています。 一番手間がかかったのは、電気と水道です。 というのも、当初退去の立ち会いの日に解約しようと思って、電気と水道会社の連絡を入れていました。 しかし、管理業者からそのあとに、ハウスクリーニングが入るので、それまで待ってほしいと言われました。 そこで、急きょ予約を取り消したのですが、いつまで経ってもいっこうに、ハウスクリーニング終了の連絡がありません。 退去の立ち会いは3月の中旬だったので、電気や水道も早めに解約ができると思っていました。 しかし、実際は3月末まで待つことになりました。 契約も家賃も3月末までだったので、連絡はありませんでしたが、そこで全て終了することにしました。 退去後の電気や、水道代も負担しなければいけないのは、少し腑に落ちませんでした。

« Older posts Newer posts »