車を持ちながら生活保護を受けたいと考えている人もいるでしょう。
例えば、病院を受診したり、普段の買い物に車が必要といったケースです。

車を所有しながら生活保護を受けられるか?と言えば原則としては禁止になります。
これは、持ち家で生活保護を受けたいといったケースと同じ理屈です。

ただ持ち家と同じように車の場合も例外が存在します。
まず一つ目は車やバイクに価値が全くない場合です。

車を所有していると普通は売却して生活費に充てなさいと言われるのが普通ですが、
車自体に価値がなければ売ったところでどうしようもないので車の所有を認められる
可能性があります。

しかし、あくまでも可能性の話で車を所有している場合は役所の人に
その理由だけで却下されてそもそも話も聞いてくれない可能性もあります。

まず、車を残して生活保護を受けたい場合は今乗っている車の価値を調べてから
価値がないことを確認して生活保護申請の相談に行くのがおすすめです。
例外的に車の所有が認められても仕事や介護などのためでなければ原則として
運転するのもNGなので気を付けましょう。

生活保護を受ける=賠償能力が低いと判断されるので万が一の事故の時などに
責任を取れない可能性が高いのそのように言われています。